ブログ

CLINIC BLOG

ブログ

2019年7月5日

歯列矯正で歯を抜く必要性。抜きたくない場合の対処法。


立川矯正歯科

立川矯正歯科 

矯正治療における抜歯について

矯正をするためには歯を抜かなければいけない!という話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか??今回は矯正治療における抜歯について書いていきたいと思います。

  • 矯正で歯を抜くことはあるのか
  • そもそもなぜ歯を抜く必要があるのか
  • 大事な歯を抜くことより大きなメリット
  • どうしても歯を抜きたくない場合
  • まとめ

     

     

矯正で歯を抜くことはあるの??

→あります

もちろん全ての人ではありません。歯科医師としても歯を抜きたくて抜いているわけではありません。最終的なゴールを設定した際に、歯を抜いて治療したほうがメリットが大きい場合のみ治療法の一つとして選択する場合があります。

   

    

そもそもなぜ歯を抜く必要があるの??

→歯を並べるための隙間が足りないから

歯は、土台の骨の範囲でしか動かすことはできません。それ以上は骨から根が飛び出してしまい障害が起こってきます(最近の子は歯が大きく並びきらない)。そのため、土台の骨の幅に対して歯があまりにも大きな場合は、キレイに並べる隙間が足りないため抜歯によって隙間を作ったほうが良い場合があります。

  

  

大事な歯を抜くことより、大きなメリットって何??

→審美的で機能的な噛み合わせを作るだ けでなく、顔貌の改善が望めます。

矯正治療で変わるのは歯並びだけではありません。前歯の位置が変わることで、それに接している軟組織の位置も変化します。歯並びはキレイなんだけど、口元が出ているのが気になるという患者さんにも抜歯が効果的な場合が多いです。当院では治療前に口元のシミュレーションも行なっているため、それを見て抜歯する必要があるのか判断することが可能です。

  

  

それでもどうしても抜きたくないんだけど、方法はないの??

→あります(ただし検査、治療目標の設定次第です)

従来の矯正治療では、矯正装置の問題で歯を歯列の後方に動かすことは困難でした。矯正用アンカースクリューという装置を使うことで、それは可能になりました。そのため、従来であれば抜歯をして治療しなければいけなかった患者さんも歯を抜かずに治療することが可能になりました。ただし、歯列の後ろに骨があるのかどうかを3次元的に精査しなければなりません。

また別の方法としては、一つ一つの歯の大きさを小さくして隙間を作る方法や、口元や骨の幅を三次元的にシミュレーションして目標設定を行うことで抜歯を回避できる可能性は高くなりました。

  

  

まとめ

誰しも歯は抜かなくてよいなら当然抜きたくありません。それは術者である歯科医師であっても同じ気持ちです。ただし、それ以上のメリットが見込める場合にのみ抜歯という治療法は非常に有効な場合があります。

それを判断するためには、どこをどのように治したいのかという患者さんの気持ちと、3次元的なシミュレーションによる治療限界の把握と目標設定が必須であると考えます。

抜歯が絶対に嫌という患者さんは、抜かないで治療した場合のシミュレーションと、抜歯した場合のシミュレーションを比較してもらうことで一番納得の行く治療を選択できると思います。

どんなに他の人の治療を見ても、できることできないことは患者さん一人一人ちがいます。矯正でお悩みの方は、自分の理想を叶えられるか判断するためにもまず3次元的なシミュレーションをおすすめします。

戻る

日本矯正歯科学会 認定医による 初診相談(無料)とは?

子どもの矯正治療をする時期は顎の成長、乳歯から永久歯への生え変わりというイベントがあります。成長という不確定な要素があるため、子供の矯正治療こそ正確な診断を要求されます。

初診相談について

TOPへ戻る