ラビアル矯正

LABIAL ORTHODONTIC

ラビアル矯正とは

歯の表側に装着する装置です。いわゆるスタンダードな矯正装置です。直接歯面に接着するブラケットと、さまざまな種類のワイヤーによって3次元的な歯の移動を可能にします。長い歴史があり、技術も時代とともに進歩してきました。全ての症例に対応し、非常に細かい歯のコントロールが可能なため良好な治療結果が得られます。

メリット・デメリット

他人から見えるということを除けば、これ以上の治療結果を得られる装置はありません。

当院では、全ての患者さんに対して、従来の銀色の装置を前歯に装着することはありません。前歯には白いセラミックブラケットを使用していますので、目立つのが嫌だという患者さんでも料金的にも安心して治療が受けられます。

また、セルフライゲーションシステムという最新の装置の導入により、より痛みの少ない治療を提供しております。そして、シミュレーションにより、1本1本の歯の動きや、オーダーメイドでの装置のポジショニングを行っているため、治療期間の大幅な短縮が可能です(スピード矯正と呼ばれることもあります)。

さらに、矯正用アンカースクリューにより、従来では不可能だった歯列全体の移動や、移動量の大きな歯の移動も可能になるため、より多くの患者さんのニーズにお応えできると思います。

メリット

  • 手技が確立されており、すべてのケースに適応可能。
  • 3次元的な歯の移動が可能であり、繊細な歯のコントロールが可能。

デメリット

  • 表側に装置を装着するため、他人から見える。

日本矯正歯科学会 認定医による 初診相談(無料)とは?

子どもの矯正治療をする時期は顎の成長、乳歯から永久歯への生え変わりというイベントがあります。成長という不確定な要素があるため、子供の矯正治療こそ正確な診断を要求されます。

初診相談について

TOPへ戻る